通訳の求人の探し方

通訳の仕事

通訳 求人通訳の仕事は大きく分けて、会議通訳、放送通訳、商談・ビジネス通訳、企業内通訳、司法通訳・翻訳、通訳ガイドの6つの種類があります。
それぞれに、要求されている事が異なり、花形の会議通訳は、国際的な会議などで、出席者の意思疎通を図る通訳するために、政治、経済、金融、コンピューターなどの高度な専門知識とスキルが必要とされます。放送通訳は、外国のニュースが、日本のテレビ局などに届いて、放送までの間に通訳士が翻訳し、原稿を用意します。ニュースという、みんなに分かりやすく伝えるという情報メディアを用いるため、翻訳能力に加え、明確に話す日本語力の高さが、他の通訳分野と比べ要求されます。商談・ビジネス通訳はビジネスの結果に繋がり重要性があります。企業内通訳は、特徴として、企業に常駐して働いています。そのため安定した収入が得られるというメリットや、仕事量がフリーの人と比べて一定であるというメリットがあります。司法通訳は、外国人が事件に巻き込まれた時、言葉の壁を解消する通訳者です。そのため人権擁護の立場でサポートする公正性が要求されます。通訳ガイドは、来日した外国人観光客に日本の文化や社会を紹介します。その事から、別名民間外交官と呼ばれてます。その重要性から、ライセンスの取得が不可欠です。
以上が一般的な通訳の仕事の内容です。それぞれ、エージェントとして登録して働くというのが一般的な求人の見つけ方です。その際、留学経験や外国語関係の資格などがあると求人も見つやすいようですが、一番は経験が作用する仕事のようです。

通訳求人の需要

通訳の種類は、同時通訳、逐次通訳、時差通訳など大きく3つあります。1つめの同時通訳は、話し手が話している最中に通訳を始める方法で、話し手が話している言葉が数秒後には、翻訳され聞き手の耳に入るため、ものすごく集中力と高い言語能力、すなわち、通訳者としての経験が必要となる通訳分野です。2つめの逐次通訳は、話し手が言葉を区切って、話し、通訳者がその区切りごとに通訳します。つまり話し手と通訳者が交互に発音する通訳分野です。逐次通訳は、記憶力が大切なことはもちろん、話し手の話してる最中に正確なメモをとるスキルが必要となります。同時通訳と比べ正確性がさらに要求される通訳分野といえます。最後の時差通訳は、放送通訳で使用される方法で、具体的な仕事内容として、外国のニュースが、日本のテレビ局などに届いて、放送までの間に通訳士が翻訳し、原稿を用意します。ニュースという、みんなに分かりやすく伝えるという情報メディアを用いるため、翻訳能力に加え、日本語文章力の高さが、他の通訳分野と比べ要求されます。
通訳の仕事は、ほとんどが大学や大学院、及び専門学校などで通訳になるための技能を学び、通訳エージェントとして登録して、経験を積むというのが一般的です。それに加え、上記の3つの通訳分野に必要な能力を身に付け、フリーとなるパターンもあるそうです。

ページの先頭へ